電話&FAX: 0973-72-1093

お知らせ

de10-1slcleaning

ミニ列車冬季休業中
3月の
日曜日までお休みです。ごめんなさい!
機関庫のSL清掃
毎月第2日曜日  朝10時~ 
機関庫公園にて

warabehinamaturi

子育てサロン

2月13日(水)
親子で楽しく
おひなさま作り

時間は10:30~
会場は森自治会館です

tunomure つのむれホールだより

つのむれホールだより1月号を発行いたしました。<< 詳しくはこちらから >>

統計

記事参照数の表示
1015519

閲覧中のお客様

ゲスト 85人 と メンバー0人 がオンラインです

イベントカレンダー

<<  1月 2019  >>
 日  月  火  水  木  金  土 
    1  2  3  4  5
  6  7  8  91112
1415161819
20212223242526
2728293031  

1月12日(土)心の栄養講座が開催されました。

春風亭正太郎氏、春風亭一蔵氏、柳家緑太氏(玖珠町出身)の三人の落語家さんをお招きし、
「笑いと心の健康」と題し講和をしていただきました。

0112 1 0112 1

みなさん落語を聞いて、心も体もぽかぽかに。
実際、”笑い”が心や体に良いということは医学的に実証されつつあり、
最近では病気の予防や治療においても注目を浴びています。
笑うと、脳の働きが活発になります。
そして、思いきり笑ったときの呼吸は、深呼吸や腹式呼吸と同じような状態。
体内に酸素がたくさん取り込まれるため、血のめぐりがよくなって新陳代謝も活発になります。

0112 3

普段から笑顔をでいることを心がけることで、免疫力もアップするそうです。


 

310309

310309

1月5日(土)新春子どもまつりが、わらべサークル協議会の主催で開催されました。

朝からの雨で、つのむれ会主催のつのむれ登山は中止になりましたが、
三島公園で宝探し、大声おらび大会を行うことができました。

グランドでは、羽根つき、竹馬、けん玉、竹とんぼ。
わらべの館では、凧作りや、こま回し、おはじきなどの昔の遊びに子供たちは挑戦し、
賑わいを見せていました。

お昼はおいしい三島鍋とお城餅をいただき、午後は、
劇団バクによるミュージカル「アリとキリギリス」を見て楽しい時間を過ごしました。

0105 1 0105 1

0105 1 0105 1

0105 1 0105 1

△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△

2019年1月5日の午前9時30分から午後2時まで、

わらべの館・三島グラウンドにて新春子ども祭りが開催されます!

毎年恒例ですね!
新春つのむれ登山や大声大会、昔懐かしお正月遊びや、
プロの劇団によるアリとキリギリスも公演予定です!
お昼には三島鍋と豚汁、そしてつきたてのお餅が無料配布!
限定400食ですので、お早めにどうぞ~!

20190105 2

20190105 1

 


 

12月2日(日)中津市、豊後高田市にコミュニティ役員で視察研修に行きました。
中津市では『沖代すずめの家』を訪れ、
代表の吉田日出子さんに「すずめの家」を立ち上げたいきさつや、
これまでの活動などについてお話を伺いました。

1202 1 1202 1

1202 1 1202 1

吉田さんは、自分たちの住むまちを自分たちの手で住み続けられるようにしたいという思いで、
平成元年から地域ボランティアの活動を行ってきました。
80~90代の方が集うすずめの家は地域サロンとして週2回活動しています。
ボランティアする側される側と区別するのではなく、
対等な関係を持ち義務ではなく楽しんでやるということが大事だと言っていました。

1202 1 1202 1

1202 1 1202 1

午後は豊後高田市の昭和の町を訪れ、案内人のお話をききながら商店街を散策し、
商工会議所の山下事務局長に「昭和の町」の取り組みについてお話を伺いました。
商店街にかつての賑いを取り戻そうと、関係者によって再生の取り組みが行われたそうです。
何度も会議を繰り返し、発想の転換で「昭和」をテーマにまちづくりがスタートしました。
今では年間40万人が訪れる観光地になり、この日も多くの観光客で賑わっていました。

1202 1 1202 1

「まちづくり」「地域づくり」をテーマに行った今回の視察研修では、
行政に頼らず住民が自分たちで何とかしようという強い「思い」を感じました。


 

11月15日の歩こう会は、お天気も良く歩くのにはぴったりでした。
少し肌寒くなってきたからなのか、参加者はいつもより少なめでした。

1115 1 1115 1

1115 1 1115 1

みなさまお疲れ様でした!


森中学校閉校記念誌の発刊のお知らせについて

このたび森中学校の閉校に際し、後世に歴史を残すため記念誌を発刊することとなりました。
購入についての詳細は別添申込用紙に記載しています。

  ○体裁  95ページ程度の上製本
  ○主な内容(予定)
     学校概要・沿革・昭和22年からの卒業生名簿・行事・閉校記念式典等
  ○負担金  1,500円(税込・郵送手数料等込) 
  ○発刊・発送予定 平成31年4月頃発刊~郵送にて発送予定
  ○申し込み期間 平成30年10月~平成31年1月まで
  ○申し込み手続き流れ
    ①別添の申し込み用紙にて申請(森自治会館 森中学校 FAXにて)
    ②後日事務局から「郵便局振込用紙」が到着
    ③振込用紙にて郵便局で入金(入金をもって申し込み手続き完了)
    ④平成31年4月以降、お手元に記念誌到着

 

【申込用紙のダウンロードはこちらから】

 

森中学校の同窓会や卒業生の方々にも、記念誌発刊についてのお知らせを行っていただければ幸いです。

※記念誌は来年の4月に完成します。(記念式典まで掲載するため)

問い合わせ先(平成31年3月まで)
 玖珠町大字帆足2243番地の1 玖珠町立森中学校 閉校実行委員会事務局
 担当:藤永 電話番号72-1001


 

11月4日、民話ウォーキングが開催されました。
森自治会館に集合、準備運動を終えた後三島公園へ向かいました。
その後旭谷や炭焼き窯を通り、末廣神社に到着。
ひこわの会からの民話を聞きながら、景色の移ろいを楽しみました。
その後清水御門を通り、森自治会館に戻り昼食をとりました。

1104 8 1104 8

1104 8 1104 8

1104 8 1104 8

1104 8 1104 8

約4kmの道のり、お疲れ様でした。


 

11月18日(日)コミュニティ女性部会は福岡県八女市へ視察研修に行きました。
八女市と言えば八女茶ですが、八女伝統工芸館では仏壇、提灯、石灯篭などの伝統工芸品が展示されており、
八女の伝統が息づく物づくりの心と技が感じられました。

1118 1 1118 1

1118 1 1118 1

1118 1

1118 1 1118 1

昼食は、「大道谷乃里」で美味しい郷土料理の「おもてなし」を受けました。

1118 1 1118 1

1118 1 1118 1

1118 1 1118 1

1118 1 1118 1

1118 1 1118 1

1118 1 1118 1

午後は八女福島の町なみ散策。
城下町の掘割を継承する水路や、匠の技が息づく商家の町並み、保存地区では固有の景観をまもるため、
建物の修理や新築時に立て方のルールを作り住民と行政が力を合わせて町並みの保存継承を進めているそうです。

工芸館に併設の八女観光物産館には八女の代表的な特産品が豊富に取り揃えられていて、
みなさん家族や知人への土産を買い求め、事故もなく無事に玖珠に帰り着きました。

参加された皆さんおつかれさまでした。


 

1110 1 1110 1

1110 1 1110 1

1110 1 1110 1

秋晴れの下、今年度2回目のパークゴルフ大会が行われました。
20名の参加があり、気持ちのいい汗をかきました。
今回は2ラウンドを回り、終わった後は皆さんでお弁当を食べ交流を深めました。

簡単そうで実はとても難しいパークゴルフ、とても奥が深いです。


 

IMG 5989

玖珠町初開催!ウォーキングしながらスイーツを食べ比べよう!

開催期日:平成30年12月9日(日)雨天決行
集合場所:玖珠町総合運動公園
参 加 費:一人500円(保険料含) 未就学児は無料
定  員:50名(事前申込制、先着順)
申込方法:玖珠町B&G海洋センター、玖珠町総合運動公園、各自治会館にて申込書記入
申込期間:平成30年11月1日~20日

飲み物、ウォーキングシューズ、帽子、防寒具、雨具などは各自でご用意ください。

問い合わせ:童里夢スポーツクラブ
      〒879-4401 大分県玖珠郡玖珠町大字四日市398-1
      玖珠町B&G海洋センター内
      TEL:0973-72-6880 FAX:0973-72-6881