電話&FAX: 0973-72-1093

お知らせ

warabehinamaturi

子育てサロン

10月14日(水)
「うんどうかい」

森自治会館
10:30~11:30

tunomure つのむれホールだより

つのむれホールだより9月号を発行いたしました。<< 詳しくはこちらから >>

統計

記事参照数の表示
1816922

閲覧中のお客様

ゲスト 93人 と メンバー0人 がオンラインです

イベントカレンダー

<<  9月 2020  >>
 日  月  火  水  木  金  土 
    1  2  3  4  5
  81112
131415161819
202122242526
272930   

金子雅一(かねこまさかず)
千葉県松戸市出身の40歳です

この度9月から地域おこし協力隊に就任いたしました。
担当は森地区になります。

私は二十台から三十代中ごろまでバックパッカーとして世界中を旅するのが好きで見聞を広めていました。
三十か国を超える国に訪問し、多種多様な文化に触れてきました。

海外に触れれば触れる程、日本の文化の素晴らしさに気付き、
また都会より自然あふれる地方に移住したいと思っておりました。

玖珠町に来たのは東京で開催された移住者相談フェアで玖珠町の話を聞き、一度訪問した際に自然の美しさ、人の温かさに触れたのがきっかけですぐに玖珠町への移住を決めました。

私はアウトドアが好きでキャンプや登山が好きです。
玖珠町には遊び場が多そうなので楽しみにしています。

私は玖珠町の為に何が出来るのか今はまだ分かりませんが、
沢山の方とお会いし、お話をしていく過程で最善を尽くしたいと思っております。

宜しくお願い致します。

kaneko

 

金子雅一(かねこまさかず)

 

千葉県松戸市出身の40歳です

 

 

この度9月から地域おこし協力隊に就任いたしました。

 

担当は森地区になります。

 

 

私は二十台から三十代中ごろまでバックパッカーとして

 

世界中を旅するのが好きで見聞を広めていました。

 

三十か国を超える国に訪問し、多種多様な文化に触れてきました。

 

 

海外に触れれば触れる程、日本の文化の素晴らしさに気付き、

 

また都会より自然あふれる地方に移住したいと思っておりました。

 

 

玖珠町に来たのは東京で開催された移住者相談フェアで玖珠町の話を聞き、

 

一度訪問した際に自然の美しさ、人の温かさに触れたのがきっかけで

 

すぐに玖珠町への移住を決めました。

 

 

私はアウトドアが好きでキャンプや登山が好きです。

 

玖珠町には遊び場が多そうなので楽しみにしています。

 

 

私は玖珠町の為に何が出来るのか今はまだ分かりませんが、

 

沢山の方とお会いし、お話をさせていく過程で最善を尽くしたいと思っております。

 

 

宜しくお願い致します。

 

今年度の観月祭、森地区大運動会は新型コロナウイルスの感染が拡大している状況を受け、参加者及び関係者の健康・安全面を第一に考慮した結果中止することにいたしました。

当日を楽しみにしていただいた皆様には大変残念ですが、参加者の皆様の安全を考慮しての決定となりますので、ご理解いただきますよう、よろしくお願いいたします。

 8月7日、今日の折り紙教室は「ひまわり」を作りました。

夏の風物詩である「ひまわり」、みなさん上手に作られていました。

kosodate tanabata202007 01 kosodate tanabata202007 02

 

kosodate tanabata202007 03 kosodate tanabata202007 04

 

kosodate tanabata202007 05 kosodate tanabata202007 06

 

kosodate tanabata202007 07

 

7月25日、26日、森町を森祇園が巡行しました。

今年は、新型コロナウイルスの影響で開催が危ぶまれていましたが、万全の体制のもと、規模を縮小して開催されました。

また、例年では玖珠祇園大祭で各小学校がソーラン節を披露しますが、今年は大祭が中止となったので、森祇園にて森中央小学校6年生がソーラン節を披露しました。

morigion 2020 01 morigion 2020 02

6月15日(月)森自治会館で地域づくり講演会が開催されました。

NPO法人福祉コミュニティKOUZAKI事務局長の稲尾亨氏を講師にお招きし、「互いに助け合う、支え合いの地域をつくる」と題し講演をしていただきました。

地区内で孤独死があったことをきっかけに見守りのネットワーク活動が始まり、生活支援の取り組みが広がっていきました。
交流拠点である「みんなの家」では、オレンジカフェ、子ども食堂、高齢者サロンが開催され、「ご加勢隊」と呼ばれる有償ボランティアは、草刈りや食事つくりなど軽度の生活支援を行っていて、地域で安心して暮らすために支え合う仕組みづくりができています。

森地区でも、第5次地域福祉活動計画に伴う策定会議が6月30日(火)に森自治会館で行われました。
グループワークでそれぞれのテーマに沿って、具体的な取り組みについて話しあい、森地区のスローガンは「おもいやりの輪が広がる元気な町、森」に決まりました。地域がつながり元気な町になるような取り組みができればと思います。

毎年、8月16日に開催しております「森町供養盆踊り大会」及び「物故者御法要」は、新型コロナウィルス感染症に関する昨今の状況を鑑み、開催を中止する事と致しました。

ご参加を予定されていた皆様、また例年ご協力をいただいていた関係者の皆様におかれましては、ご迷惑をおかけすることとなり誠に心苦しい限りではございますが、何卒ご理解を賜りますようお願い申し上げます。

感染症の一日も早い終息と、皆さまのご健康を心からお祈り申し上げます。

森町供養盆踊り大会実行委員会

7月3日(金)折り紙わらべによる折り紙教室が開催されました。

今回は、「くじゃく」を作りました。
長方形の折り紙で立体的に折っていて、1枚で折ったようにはみえません。
みなさん器用に何個も折っていました。

origami202007 01 origami202007 02

 

origami202007 03 origami202007 04

 

origami 1  origami 2 

origami 3   origami 1

origami 2    

今年度も折り紙わらべの折り紙教室を開催しています。

新しい生徒さんも加入し今年は22人になりました。
新型コロナウイルスの感染予防のため5月はお休みでしたが、6月12日(金)に今年度の第1回目を行い、今回は「バラ」をつくりました。
久しぶりの教室でにぎわいながら、みなさんとてもきれいなバラが完成しました。

 

令和2年度の総会は新型コロナウイルス感染拡大防止のため、書面議決とさせていただきました。

書面議決書の提出は過半数を超え、すべての議案について全員の賛成をもって可決されました。
ありがとうございました。

今年度も活動を進めていきたいと思いますのでよろしくおねがいいたします。
事業については、新型コロナウイルスの状況に注視しながら必要な対応をして取り組んでいきたいと思いますのでご協力をお願いいたします。

4月に集落支援員に就任した藤野哲郎さんの活動について、ホームページで紹介していきたいと思います。

新型コロナウイルスの感染予防のため、直接家に訪問することはできませんが、天気のいい日は外で作業や散歩をしている方に声をかけ、地域のことなど少しずつ聞き込みをしています。
4月17日には日田市の集落支援員の方のお話を聞きに行きました。
中津江で活動している河井さんは、地域の見回り、家で余った野菜の販売のお手伝いなどをして地域の支援をしています。
「つえ絆くらぶ」のメンバーでもあり、「ちょいてご」で地域のちょっとした困りごとなどの解決をする活動をしています。
藤野さんはお話を聞いて、河井さんが地域を元気にしているということを実感したそうです。

みなさんも、どこに相談すればいいかわからないような困りごとがありましたら、藤野さんに相談してください。